2018年07月19日

WSの難しさ

糸を紡いでシンプルな布を織ったり
市販糸の手織り布で御朱印帳入れなどを制作している
ちいさな手織り工房井上です

以前は時々WSをやってました
織りとか
紡ぎとか

あることをきっかけに止めることにしたのですが
それ以前に
なんだか違うなーと思っていたので
きっかけとなったことがあったときは
迷わず止めることにしたのです

私自身もいろいろなWSに参加させていただいているけれど
経験も踏まえて
一歩引いて考えても
「これで??」というWSにも何回か参加してしまい
行かなきゃ良かったと思ったことが

一万円以上のWSが「えっ??これだけ???」ということも
そんなに高額でなくこの辺りでは普通かなと思うWSも
参加してみたら
えっ、、、ってなこと

そういうときは大概
定員割れしているうえに
参加している人たちに関係者が入っている
純粋な参加者より関係者の方が多い

主催者は妥当と思ているかもしれないけれど
どう計算してもぼったくり
参加者がひとりだけでも損しないようにしてる?

それは違うだろ?
10人定員なら5人で経費
それ以上が利益とか、、

私がやってた手織りのWSは一人一人に一台の織機を
ご希望に近いような色で
すぐに織り出せる準備までしていた
糸代もかかるので安くはないけれど
私の時給という計算をしたら2〜3百円なので
高くはなかったと思う


参加費安くて良いものが出来上がり
楽しかったWSもたくさんあったけど
これからはやっぱり
参加してがっかりするWSには行きたくないな

そして、がっかりさせるWSも開催したくない


お読みいただきありがとうございます。
ちいさな手織り工房井上はこちらです→

下のバナーどちらかをクリックしていただけますと大変励みになります
よろしくお願いいたします
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 新潟県情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
posted by エイコ at 22:36| 日々