2017年02月25日

手間暇をかける

手織り布で御朱印帳入れなどを制作している
ちいさな手織り工房井上です。

突然だけど昨日思い出した私の間違い

数年前にあるところでご一緒した方から
手間暇かけてるんですねーと言われたとき
私は暇じゃない・・・というような返事をしてしまった

もちろん家に帰ってから私の間違いに気づいたのだけれど
昨日改めてその意味を調べてみた

笑える日本語シリーズによれば

手間は労力
ひまはこの場合単なる時間の意味

手間をかけている
で良いところ
念を押すように
手間と時間をかけていると
手間暇というらしい

その方は「労力と時間を惜しまず制作しているのね」と言ってくださったわけなんだけど
失礼な返事をしてしまったものです(^^ゞ

昨日はお花屋さんへ行ったら
ミモザとユーカリが入荷したてで
とても良い香りに誘われ初めて買ってきました
いまは作業部屋に吊るしています
C360_2017-02-24-17-21-15-456.jpg
工房にも飾りたいからもう一度買いに行ってこようかと思います
春ですね

お読みいただきありがとうございます。
ちいさな手織り工房井上はこちらです→

posted by エイコ at 11:22| 日々

2017年02月22日

赤木明登ぬりもの展

手織り布で御朱印帳入れなどを制作している
ちいさな手織り工房井上です。

今朝 Facebook繋がりの友達がメッセージをくれました
18日から「赤木明登ぬりもの展」が新潟から新幹線で日帰りできる
高崎のMatkaさんで開催されていて
3月4日には作家さんを囲んで漆のお話、日本酒を愉しむ食事会があるそうで
新潟の里山十帖のフードディレクターさんのお料理がいただけるのだそうです。

それはかなり魅力的ではあるけれど
高崎までは行けないな〜とあきらめて

元々は奥様の「赤木智子さんの生活道具展」
書籍を読んでインスタでupしたら
繋がっているお友達から
赤木智子さんの「ぬりものとゴハン」を勧めていただき
これが面白くて
あこがれの生活スタイルで、また読み返したいと思うほどです


お誘いのメッセージをいただいてから
急に
そうだ!!お雛様を飾らなくちゃ!!と
今ほど飾り終えたところです。
「ぬりもの」と「お雛様」が私の中で繋がったのです。

このところ2,3年飾っていなかったので
とても気になっていたのです。

お雛様を箱から出すときにごめんねと声をかけて飾りました
今日の新潟は日差しもありお雛様を飾るにはピッタリな日だったかもしれません

さて今日もコツコツ少しずつ


お読みいただきありがとうございます。
ちいさな手織り工房井上はこちらです→

posted by エイコ at 11:00| 日々

2017年02月20日

御朱印帳

手織り布で御朱印帳入れなどを制作している
ちいさな手織り工房井上です。

ちいさな手織り工房井上が御朱印帳入れの制作を始めたのは昨年2016年のことですが
自分自身で御朱印帳を持ったのは2012年のことでした。

世間で少し流行り始めていたとはいえ
そんな早かったわけではなかったのですが

最近では新潟県内でも御朱印をいただける神社や寺を紹介している雑誌が発行されたり
キャレルで特集されたりしたけれど
ご自身が御朱印帳をお持ちでないとはいえ
御朱印というものをご存じない方もまだまだたくさんいらっしゃいますね。
P1020229.JPG
こちらは結婚後初めて友達と旅行に出かけた先
京都でいただいた御朱印の一部です。
たまたま信長の命日だったそうで
そのように書いてくださいました。

P1020230.JPG
こちらは初めて娘と二人旅
浅草寺でいただいた御朱印です

P1020227.JPG
右が京都で初めて手にした御朱印帳
高台寺でいただいたものです
昨年末の盛岡への一人旅でいただた御朱印でいっぱいになり
今は真ん中の清水寺の御朱印帳
娘が修学旅行で買ってきてくれたものです

そして左は
それぞれいただくところで考え方は違うようなのですが
お寺と神社は別のほうが良ろしいようで
ようやく今年の弥彦神社への初詣のさい手にした神社用の御朱印帳

御朱印をいただくだけでなく
それぞれそこでしか手に出来ない御朱印帳などもあり
つい手にしてしまう
P1020228.JPG

御朱印帳入れ制作でサイズの見本として手にした
左のはロフトで・・・
真ん中は年末に日帰り一人旅で行った善光寺さまのもの
右はやはり娘のお土産で金閣寺さまのもの

一生懸命回っているわけではないけれど
年齢のせいでしょうか
お参りしたくなります

長くなってしまいました
お読みいただきありがとうございます。
ちいさな手織り工房井上はこちらです→

posted by エイコ at 15:40| 日々